新しい生活って?

    えー………。

前回のブログから2ヶ月ぶりの更新でございます。言い訳をするわけではないのですが、ただただボケーーッとしてたわけではないんですよ。

あれこれ新しい試みやお仕事の機会を頂戴いたしまして、誠にありがたいことでございます。

    その1。

世間もすなるリモート呑みを  我もしてみむとてすなり………。

と、かつて紀貫之の記したとおり我もやってみました。

    相手は学生時代の後輩たち。滋賀、京都、大阪、横浜、東京を結んでの呑み会。いや、これがなかなか楽しいものでグダグダやってるとあっという間に4時間ですよ。

    こんな非常時であるから仕方なくやってる、と言うよりはむしろこれでもええやん、と飲食店にあるまじきことも考えながら呑んでたわけでございます。

    では、わざわざお店で食事をする意味って?生きてる以上「食べる」という行為は生命維持のためには必要不可欠ですが、そこに会話であったり匂いや音、美味しさの共感などが合わさりより充実したものになります。

   今回、それをリモートで表現できないか?というお話を日本酒ガールの松浦すみれさんにお話したら「やりましょう!」という言葉の数分後には関係各所にアポ、カメラの位置、イベントページの立上げ………。

あれよあれよと逃げ道を塞がれました(笑)。

    今回のイベントの概要は、いつもお世話になっている京滋4蔵の蔵元さん、蔵人さんにそれぞれの蔵のオススメのお酒をセレクトしていただき、当日はお店でスタンバイ。

参加者のみなさんはイベントまでに当店で作ったこの日のためだけのお料理詰め合わせとご希望の方には4蔵のお酒の量り売りをご購入いただき、お店と参加者それぞれをリモートでつないでお酒の話やお料理の話などをするというもの。

   なにぶん初めてのことなので大変ではありましたが、終了後にたくさんの御意見を頂戴し、もし次やるならさらにいいものにする自信につながりました。

    その2。

ふくら初の出前。ご常連のお客様からの御依頼があり、お弁当の出前をさせていただきました。

    この状況での外食はまだ怖いとお思いのお客様も多いはずです。ある程度の数のご注文をいただければ配達も可能ということにすれば、店舗で見込めない売り上げもそちらで生み出すことができます。

    ただ単に使い捨ての容器のお弁当の配達はもちろん、御予算に応じて器から調理器具までお宅のお台所に運んで暖かいお料理をお楽しみいただくなどなど、今までの経験を活かしたやり方を考えるきっかけになりました。

    どんな状況にあっても文化や芸術、そして食事は絶対に必要なものです。それがままならない状況下であっても使えるツールを最大限活用し、窮屈な日々の中にあっても心を豊かにできるひとときを持つ、そして提供することが求められると思います。

    今や緊急事態宣言時より劣悪な状況ですが、まぁ、あいかわらずのお国の無策ぶり。必要なのは確かな情報と一人一人の知恵と工夫です。

    つぎのブログは果たしていつになるやら………。

キャンパス保冷バッグ発売!!

ジャジャーン!

完成しました、ふくらオリジナルキャンバス保冷バッグ!

ふくらのお弁当なら2個分収納可能。

500mlの缶ビールなら6本。

これではかりうりでお酒を買ったあとに普段の買い物もバッチリ!

ふくらのお弁当をお買い上げの際のご購入または、はかりうりお買い上げの際のご購入は¥870でお分けいたします。

バッグだけ欲しい!という場合の単品販売価格は

¥1000でお分けいたします。

本日より販売してます。

エコバッグの次は保冷バッグいかがでしょう?

366日

………自粛やぁ、申請やぁ、折箱がないぃ〜言うてるうちにすっかり店主のブログがひと月も飛んでしまいました。猛省しております。ふくら調理担当(ニックネーム「店主」)です。

    現在、市の要請を受けまして店内営業は20時まで。当日17時までに予約のお電話がなければその日は閉店させていただいております。

   とはいえ、なかなかこのご時世、店内でお食事されるお客様は稀でございますので結果的に明るいうちに帰宅する。必然的に晩飯の時間は早くなり、寝るのも早くなる。睡眠時間はたっぷり。

 しかも早起きしても辛くない。

 最近は5時半には目が覚めます。

    今までこの仕事をしててこんなに健全な生活を送ったことはありません。計らずもこのような形で私における「働き方改革」にというのは皮肉なものでございます。

    皆様にも「働き方改革」、起こってませんか?代表的なものとしてリモートワークがございますが、それに伴い呑み会もリモート呑み、使用するアプリによっては「ZOOM呑み」なんて言葉も生まれましたね。一度はやりたいZOOM呑み。

よければどなたかお誘いください。

    そういうことが日常になりますと、「別に会社に行く必要無くね?」となりますよね?

決済の印鑑とためだけに出社せざるを得ないなんてアナログなことが起こり、とうとう印鑑など要らないという声まで聞こえる始末。

ハンコ屋さんもえらい災難です。

    ウィルスも形を変えながら蔓延してるということですから、まだまだ続くんでしょうね。

来年の今頃、終息していれば良いほうでは?WHOがウィルスとの共存の道まで言い始めるくらいですからね。

となると………そう簡単に今までのお客様がお店にすぐ戻って来てくださるなどと甘い期待などまだ持つべきではないでしょう。

今は流行りのテイクアウトもさらにクオリティの高いものが求めらるのでしょうな。

飲食店、生き残るためにはさらに知恵を絞って、フンドシの紐も締め直して事に当たって行く必要がありそうです。

ふくらもさらなるサービスを考えてまいります。

    日常生活にモヤモヤし、先の不安も抱きつつ、政治に激怒し、ふくらの1周年の朝をまさかこんな気持ちでむかえるとは思わんかったなぁ〜とスマホで文章を打つ、現在早朝6時。

皆様のおかげでまずは1年やらせていただきました。本来なら本日1周年のお祝いという事で当店の前をパレード(葵祭のこと……)の予定だったのですが、それも中止になりました。

    これからも多くの方々に支えられ、それを糧に精進してまいります。

日本酒はかりうりはじめました。

本日28日より!

日本酒はかりうりはじめます。

一合税込570円〜

ただいまのラインナップはこちら!(添付写真をご覧ください)

お酒代とは別に瓶代を110円いただきます。

次回消毒済の瓶をお持ちいただければお酒代のみいただきます。

そしてそして。

「ふくらの酒タンプラリー」はじめます!

はかりうりをお求めの方には電子スタンプカードを発行いたします。

1本お買い上げごとに1ふくら押印いたします。

9月30日までに10ふくら集めてくださった方には!

ふくらオリジナルノベルティをプレゼント。

日毎に変化する状況とお客様の安全面を鑑み、当面の間店内営業についてはお電話による完全予約制とさせていただきます。

当日の17時までにご予約がない場合、夜の営業をおやすみいたします。

しばらくの間はこのような形にさせていただきます。

ご不便、ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

定休日以外に夜の営業をお休みさせていただく場合がございます。

アルコールの提供は19時まで、20時で閉店させていただきます。

どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

『どこでもふくら』はじめます。

当初は行楽のお供にしていただけたらなあ、とお店がオープンする前に話しが始まり、去年の秋頃に紅葉の時期にあったらいいなあ、どんなんがいいか、ふくららしいもんてなにかなあ?と。

何度かプロトタイプを作成し‥試行錯誤すること1年弱。

ようやく形に出来ました。

4月7日水曜日より発売開始

(ご予約受付は本日より受付)

『どこでもふくら』

季節の食材を盛り込んだお弁当です。

(税込2000円)

『よくばりふくら』 

色とりどりの食材を散りばめた目にもキレイなバラちらし寿司。( 税込2000円)

『ふくらの雀寿司』

小鯛の棒鮨です。(税込2500円)

棒鮨は前日正午までの予約のみです。

※仕入れ、季節により内容は変更となります。

事前予約制とさせていただきます。

予約受付時間

◎午前中受け取りの場合→前日正午までの予約

お渡し時間11:00〜13:00

◎午後受け取りの場合→当日正午までの予約

お渡し時間16:00〜18:00

お願い

受け渡しのお時間が同じ時間に集中した場合、お客様同士の接触を避けるためご協力いただく場合がごさいます。

ご予約電話受付は営業日の11:00〜22:00までとさせていただきます。

お弁当は店頭でのお渡しとなります、配達等はございません。

5個以上ご注文の際は事前にお問い合わせください。

当店定休日、休業日のお渡しはいたしかねます。

「感染症対策としてお願いとお知らせ」

・発熱等の症状のある方、体調の悪い方は、ご来店をお控えください。

・入口入ってすぐ横にあるアルコール消毒液をご利用ください。

・適宜ドアや窓を空けての換気をさせていただきます。

・咳エチケットにご協力をお願いいたします。

状況により変更が生じる場合がございます。

どこでもふくら
よくばりふくら(バラちらし寿司)
ふくらの雀寿司

ミスタートライアンドエラー

    気持ち悪いくらいの暖かさから立春を過ぎてた急に寒くなりました。ようやく街中にも雪が舞い、遅がけの冬が来たかと思えば今週一気に温度が上がるとの予報。これでは体調管理も難しいですね。そして世の中、忌まわしいコロナウィルス騒動……。自衛策の最たるもの。うがい手洗い、十分な睡眠が基本!皆様ご自愛くださいませ。

    さて、始めて二週間目の週末限定の試み「フライングふくら」。もちろん、開けたからといってもそんな15時からワンサカお客様がいらっしゃるわけでもなく、私もそこを期待してるわけではありません。狙いは暖簾を出して店の存在を知ってもらうことです。昨年の開店以来、御来店のお客様が御自身のSNSで拡散してくださったり、有難い事に人気の雑誌にも掲載していただきましたがまだまだです。

   週末は荒神口あたりも散策される人が増えます。そんな人にお店の存在に気づいていただくのには暖簾の有無は重要で、出していると明らかに立ち止まり、メニューを見てショップカードを手に取り、当店のHPのQRコードをパチリ……。で、再び散策の続き。

   そう、これでいいんです!その時に入って来られなくても、HPにアクセスし、FacebookやInstagramに繋がってフォローしていただく。まずはどんなお店か知っていただく事が一番大切。その意味で言えば今のところ「フライングふくら」はズバリ!効果があったと言えるでしょう。

結果は後からついてくる。まずはその言葉を信じることにしましょうかね。

    そしてさらに知っていただくためにどうすればいいのか?次は……「飛び出せ!ふくら」。

    とりあえずタイトルだけ。具体的なプランは鋭意検討中。せっかく持てた自分たちの店。いろいろ試して、もがいて、失敗しての繰り返し。その経験が私たちを成長させます。

「行けたら行くわ」はあきまへん。

店主のブログ担当大臣の調理責任者です。

    ふくらのある荒神口は河原町丸太町と河原町今出川のちょうど真ん中あたりです。この河原町丸太町〜荒神口エリアにはふくらと同じくらいの飲食店をはじめ、パン屋さん、焼き菓子屋さん、雑貨、器、セレクトショップ、カフェなどなど個性的なお店がたくさんある、なかなかに洒落た街です。

そうですね〜、東京で言えば……広尾、中目黒といった感じでしょうかね、知らんけど。

    そんなハイセンスな街、荒神口ですが京都の街の中心、いわゆる「田の字」エリアから外れているため遠いしなぁ、などとお思いではないですか?

さにあらず!!!

    それはとんでもない誤解、はっきり言います。「損してますよ」

   市バスを使えば京都駅、四条、三条京阪は言うに及ばず、金閣寺、銀閣寺、松尾橋からも乗り換えなしで来れるという好立地!さらに京都バスなら岩倉。荒神橋のバス停も含めると大原からも一本で!まさに全ての道は荒神口に通ず、です。

    京都御苑や鴨川散策など自然にも簡単に触れ合え、ちょっと出町柳まで足を伸ばせば枡形商店街あり、鴨川デルタ。賀茂川からは比叡山、大文字も望めますよ。

    来ない理由が見つからない!「行けたら行くわ」が通用しない、荒神口へ是非。

    土日は15時からの前倒し営業「フライングふくら」もやってます。

営業時間のおしらせ

全然寒くないせいかヒタヒタと花粉らしき気配を鼻やら目やらに感じるこの頃‥。

とうとうこの春デビューしてしまうかも。

先日の店主のブログ投稿、「フライングふくら」

今週末2月1日よりスタートします。

毎週、土日は営業時間をフライングして15時からオープンします。

アラカルト、未完、どちらもお楽しみいただけます。

鮒寿司をツマミに日本酒を2杯ほど……そして一言。「お勘定して」な〜んて大人なひとときを。