雑誌掲載のお知らせと掲載内容について

久々の雑誌掲載〜!

毎週土日の15時から営業「フライングふくら」についてちょこーっと載ってますP36に。

電子書籍などでご覧ください。

次は見開き2ページを目指してまだまだ頑張らにゃーです。

そこで大事なお知らせです。

全国に緊急事態宣言が発令されている現在、掲載内容と同じ状態での営業が難しくなっております。

今週5/2.3の「フライングふくら」は営業いたします。

(当面は予約制)

安全面に配慮し、16:30ラストオーダー17時で閉店、入れ替え制とさせていただきます。

夜営業は完全予約制とし当日17時までに予約がない場合、おやすみいたします。

5月以降の営業につきましては日々の状況をみながら検討している為定休日以外に営業をお休みさせていただく場合がございます。

アルコール類の提供は19時まで。20時閉店とさせていただきます。

どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

『フライングふくら』についてお知らせ

安全面を考慮し以下のようなスタイルで行います。

4月4日(土)より開始いたします。

 毎週土曜、日曜の15:00〜17:00(L.O.16:30)の営業です。

17:00に一旦閉店ののち17:30より通常営業とさせていただきます。

 フライングふくら限定メニューとして、

ふくらのついばみ(税込2300)

先付2品と酒肴盛り込みをご提供いたします。

その他、一品料理(〆ものを含めた3〜5種類)のご用意とさせていただきます。

ディナーメニューの未完コース、アラカルトのご用意はございません。

お客様への安全の確保、衛生管理の徹底の為このような対応をとらせていただきます。

今出来ることに関して細心の注意を払い営業を続けさせていただいております。

「感染症対策としてお願いとお知らせ」

・発熱等の症状のある方、体調の悪い方は、ご来店をお控えください。

・入口入ってすぐ横にあるアルコール消毒液をご利用ください。

・適宜ドアや窓を空けての換気をさせていただきます。

・咳エチケットにご協力をお願いいたします。

「行けたら行くわ」はあきまへん。

店主のブログ担当大臣の調理責任者です。

    ふくらのある荒神口は河原町丸太町と河原町今出川のちょうど真ん中あたりです。この河原町丸太町〜荒神口エリアにはふくらと同じくらいの飲食店をはじめ、パン屋さん、焼き菓子屋さん、雑貨、器、セレクトショップ、カフェなどなど個性的なお店がたくさんある、なかなかに洒落た街です。

そうですね〜、東京で言えば……広尾、中目黒といった感じでしょうかね、知らんけど。

    そんなハイセンスな街、荒神口ですが京都の街の中心、いわゆる「田の字」エリアから外れているため遠いしなぁ、などとお思いではないですか?

さにあらず!!!

    それはとんでもない誤解、はっきり言います。「損してますよ」

   市バスを使えば京都駅、四条、三条京阪は言うに及ばず、金閣寺、銀閣寺、松尾橋からも乗り換えなしで来れるという好立地!さらに京都バスなら岩倉。荒神橋のバス停も含めると大原からも一本で!まさに全ての道は荒神口に通ず、です。

    京都御苑や鴨川散策など自然にも簡単に触れ合え、ちょっと出町柳まで足を伸ばせば枡形商店街あり、鴨川デルタ。賀茂川からは比叡山、大文字も望めますよ。

    来ない理由が見つからない!「行けたら行くわ」が通用しない、荒神口へ是非。

    土日は15時からの前倒し営業「フライングふくら」もやってます。